Home » A wandering love by Mika Yamanoue
A wandering love Mika Yamanoue

A wandering love

Mika Yamanoue

Published
ISBN :
Kindle Edition
42 pages
Enter the sum

 About the Book 

寒い冬の夕暮れ時、プラットフォームに立っていた国枝の前で、突然、男が電車に飛び込んだ。国枝は間一髪、その男を引きこんで助けることができたが、男は憮然とした態度で「どうして助けたのか」と言い放つ。聞けば、男は妻の死に絶望して自分も死のうと決意したのだと言う。赤城と名乗った男は、自殺とされた妻の死に未だに疑念を抱き、殺されたのだと訴えた。赤城は命を救った礼がしたいと言って国枝を居酒屋へ誘い、自分と妻の淫らで倒錯した愛欲の日々を語って聞かせる。赤城の話が核心に迫っていくにつれ、国枝もまた、More 寒い冬の夕暮れ時、プラットフォームに立っていた国枝の前で、突然、男が電車に飛び込んだ。国枝は間一髪、その男を引きこんで助けることができたが、男は憮然とした態度で「どうして助けたのか」と言い放つ。 聞けば、男は妻の死に絶望して自分も死のうと決意したのだと言う。 赤城と名乗った男は、自殺とされた妻の死に未だに疑念を抱き、殺されたのだと訴えた。 赤城は命を救った礼がしたいと言って国枝を居酒屋へ誘い、自分と妻の淫らで倒錯した愛欲の日々を語って聞かせる。 赤城の話が核心に迫っていくにつれ、国枝もまた、あるひとりの女との激しい情欲の日々を振り返りはじめる。 あの女はいったい誰を愛していたのか。そして、赤城の妻は本当に自殺だったのか、それとも他殺だったのか?